ツインレイ、ツインソウル、ツインフレームなど考えないほうが良い

ツインレイ

”ツインレイ”は、人間関係のなりゆきを責任転嫁する発想

ツインレイについては、以前、質疑応答でチラッと考えを述べたことがあります。
参考記事:「ツインレイ 、男性性・女性性 について」(質疑応答)

「あの人はツインレイだったのか」とか、「ツインフレーム」がどうこうとか、用語はなんでも良いんですが、

要は、このツインレイの発想は、人間関係調整のありようを外部の責任に転化する考え方になっていることが問題なんですね。

上手くいかなかったら、「ツインレイだと思っていたのに、そうじゃなかったんでしょうか?」とか、「いやいや、ツインフレームで」とか、…なんとかかんとか。

これでは、ほんとうの意味で、「自らを振り返る」という姿勢が生まれないんです。

ツインレイは、セレンディピティ理論などと一緒に語られることも多いようですが、

セレインディピティ理論は、本来、「偶発性のなかに価値を作り出していく」、もしくは、「構えのある心の状態が価値ある偶発を引き起こす」というもので、やはり、心の<外部>ではなくって、心の<内部>の価値に焦点を当てる理論です。

つまり、人間関係調整の過程において、智慧を獲得していくはずのものが、ツインレイ的発想をすることによって、自らの魂のありようを真っ直ぐ見つめることのない(=したがって、決して智慧に転化しない)”逃げ道”になってしまう危険性があるということですね。

エネルギー分化の目的とは何だったのか?

そもそも、大宇宙の根本エネルギーがなぜ、エネルギー分化してきたのか

それは、多くの個性をあらしめることによって、個性と個性を切磋琢磨させ、大宇宙の智慧と愛の総量を増やすためなんです。

原初に縁のある(片割れ的な)魂に出会うために生きているのであれば、そもそも、宇宙がエネルギー分化してきた意味がないということになってしまいます。

ずっと、ひとつのエネルギーでいれば良いわけですよね。

わざわざ、エネルギー分化してきたのであれば、それ相応の意味があるはずで、ここを汲み取らないとスピリチュアルな悟りとして不十分なんです。

そういう意味で、ツインレイ的発想は

  • 人間関係調整論というミクロの理論
  • 大宇宙創造(エネルギー分化)の意図というマクロの理論

両面から考えても、大きくミスを含んでいますし、決して、人間の精神を向上へと誘う思想にはなりませんね。

結局、ツインレイ的発想は、「白馬の王子様」と一緒で、「いつかどこからか」幸せがやってくるという、幸せの根拠を外部へ転化する発想です。

そして、外部のものは自分のこころのコントロールの範囲外のものでありますので、そうした考え方を持つことによって、心の安らぎを得ることはありません

ロマンティックな感性を持つクライアントをそういう不安定状態に置いておき、長らくセッション代をせしめようというシステムなんではないか?と勘ぐりたくもなります。

これはおそらく、セッションを提供している側が、メサイア・コンプレックスからテイクオフしていないことが、そもそもの原因です。
参考記事:「メサイア・コンプレックスと、スピリチュアルカウンセラーの過去世認定

新しい縁WELCOME!!の姿勢で

情報化社会にいる僕らは、日々、膨大な情報に接していますので、元が縁のある魂であっても、ほんの数年で価値観が変わってしまうことが多々あります。

これが、離婚が増えている原因でもありますが。

逆に言えば、新しい縁であっても、価値観を同じくして、仕事や家庭を持つ組み合わせは数多く誕生しているのが真実です。

なので、「はるか昔にこうだった」とかいう発想からは抜け出して、「今、どうあるべきか?」「今のこの人間関係の中から価値を創出できないか?」と考えるほうが、友人関係においても恋愛関係においても、ずっと発展的なんです。

したがって、魂の性質・相性についても、どんどんイノベーションを含んでいくべきです。

また、自らの中にそうしたイノベーションの原理を組み込んでいったほうが、魂として永続的に伸びていく道なんですね。

結論としては、ツインレイ的発想は、人を真に向上へ導くことのない”覇道スピリチュアル”であるということです。

「新月・満月で云々…」と同様に、地獄的とまでは言いませんが、あえて踏み入れるべき世界ではありません。

参考記事:「新月や満月で運気アップとか願い事とか考えないほうが良い理由