十二因縁(十二支縁起)と業(カルマ)

十二因縁

十二因縁 – 釈尊の菩提樹下の悟り-

釈尊が修行方法としての「苦楽中道」を発見後、菩提樹下で何を悟ったか、というと、この十二因縁を悟ったと言われています。

次代は、「神秘主義と合理主義が両立する時代になる」と僕は繰り返し述べていますが、この十二因縁(十二支縁起)もまさにそのようなものです。

つまり、釈尊が十二因縁を観ることによって、大いなる悟りを開き仏陀となった、という意味では限りなく神秘的なものであり、かつ、この十二因縁の構造というものが実に論理的・合理的に出来ているからです。

このように、神秘主義と合理主義の融合という意味では、四諦八正道あるいは八正道そのものの構造についても同様でしたね。参考記事:「八正道のアウトラインと構造、効能

三道(さんどう)

ただ、十二因縁はカルマの生起する順を論理的に追っていくのですが、あまりにも整然としすぎていて、初期釈尊のオリジナルかどうかは若干、疑問があります。

そこで、まず十二因縁の原初的な形態である「三道」をチェックしてみましょう。

三道は、

  1. 惑(わく)

    惑わし=無明(智慧のない状態)

  2. 業(ごう)

    行為、心の傾向性

  3. 苦(く)

    苦しみの輪廻

というものになっています。

これは実にシンプルなモデルで、かつ論理的でもあります。つまり、

 惑(智慧がないから、)→業(智慧のない行為をしてカルマを作ってしまうので、)→苦(苦しみの輪廻転生がある)

という順になっています。

惑の代表的なものは、心の三毒である、貪・瞋・痴(とんじんち)ということになります。貪=貪りの心、瞋=怒りの心、痴=愚かな心、ということですね。

業=カルマについては、あまり良い意味で使われることはありませんが、要は「心の癖、傾向性」のことなので、当然、良いカルマもあるということになります。
*伝統的な解釈では、「業=行い」とシンプルに解釈する

ただ、三道でいう業は、無明を出発点としていますので、悪い意味でのカルマのことを言っているわけです。

この三道、惑→業→苦、が次第に細かく分類されていって、十二因縁(十二支縁起)にまで発展していくことになります

詳しくは、三道→五支縁起→十支縁起→十二支縁起、と発展していくわけですが、小論では十二支縁起だけに触れていきます。

十二因縁

まずは、十二因縁(十二支縁起)を概観してみましょう。漢字を読むのが面倒な方は、解説のところだけ拾ってつなげて読んでみてください。

  1. 無明(むみょう)

    智慧のない状態があって、

  2. 行(ぎょう)

    それに基づいた行為がカルマになって、

  3. 識(しき)

    生まれ変わりの意識・主体ができる。

  4. 名色(みょうしき)

    (そして生まれ変わって)胎児になり、

  5. 六処(ろくしょ)

    感覚器官ができてくる(眼・耳・鼻・舌・身・意)。

  6. 触(そく)

    感覚器官が外界を感知するようになって、

  7. 受(じゅ)

    次第に感受性がハッキリしてきて、

  8. 愛(あい)

    好悪がハッキリしてくる。

  9. 取(しゅ)

    そして、執着が生まれて、

  10. 有(う)

    それが心の傾向性(カルマ)になる。

  11. 生(しょう)

    また生まれることになり(再び、迷いの輪廻の始まり)、

  12. 老死(ろうし)

    老いて死ぬことになる。

    *十二支縁起の各項目の説明の仕方はいろいろな説あり。小論では論理性を重視して説明しています。

また漢字がぞろぞろ出てきて、一見、難しそうですが、解説の部分を追っていくと、スッキリ論理的な順になっているのがお分かりだと思います。

ウィキペディア他の「十二因縁」の解説と比べてみてください。読んでも「分かったような分からないような?」な説明になっていると思います(僕が読んでもよく分かりません・笑)。

分からなくなっているのは、書いている本人がよく分かっていないからです。要は、学問的にいろいろイジり過ぎて小難しくなってしまっているんですね。

僕の場合は。リーディングを併用して、「もともとの真意はどこにあったか」を確認しながら書いていますので、ふつうに丁寧に追って読んでいけば分かりやすくなっていると思います。

ちなみに、十二因縁を「無明があるから→行があり→識ができる」と観察していくことを「順観(じゅんかん)」と言い、

「無明がなくなれば→行もないので→識もなくなる」と観察していくことを「逆観(ぎゃくかん)」と言います。

三世両重因果(さんぜりょうじゅういんが)

さて、上記の十二因縁を過去世・現世・来世に分類してみましょう。

十二因縁の最初の3つが前述した三道、惑・業・苦に対応しています。この3つを過去世としますね。

1. 無明(むみょう)

智慧のない状態があって →→→→→惑

2. 行(ぎょう)

それに基づいた行為がカルマになって →業

3. 識(しき)

生まれ変わりの意識・主体ができる →→→苦

そして、4-10が現世になっています。

4. 名色(みょうしき)

(そして生まれ変わって)胎児になり、

5. 六処(ろくしょ)

感覚器官ができてくる(眼・耳・鼻・舌・身・意)。

6. 触(そく)

感覚器官が外界を感知するようになって、

7. 受(じゅ)

次第に感受性がハッキリしてきて、

8. 愛(あい)

好悪がハッキリしてくる。

9. 取(しゅ)

執着が生まれて、

10. 有(う)

それが心の傾向性(カルマ)になる。

そして、11-12が未来世になっています。

11. 生(しょう)

また生まれることになり(再び、輪廻の始まり)、

12. 老死(ろうし)

老いて死ぬことになる。

上記のように、過去世・現世・未来世を貫いて、原因結果の法則が連鎖していくことを「三世両重因果(さんぜりょうじゅういんが)」と呼びます。

十二因縁で注意しておく2点

次に、十二因縁で注意しておくべき考え方を2点、指摘しておきます。

  1. 輪廻自体は悪いことではなく、迷い(無明)に基づいた輪廻が効率がよくないということ

  2. 十二因縁の実践にあたっては、愛・取・有の3つに注目して、原因となっている無明を突き止めること

まず、1. の論点です。

釈尊の時代、当時のインドでは、「人生は苦しみであるが、悟りを得て覚者(阿羅漢=聖者)になれば、繰り返し生まれ変わってくる必要がなくなる」という思想がありました。

十二因縁はある程度、こうしたインドの思想を反映して形成されていることに注意が必要です。

当サイトで繰り返し述べているように、輪廻転生そのものにはもっと積極的な意味合いがあります。

すなわち、この世(物質界)に肉体をもって生まれることによって、あの世(精神界)では会えないような人々と交流し、新しい知識・経験・スキルをゲットしていくこと。その智慧を現世でも活かして、世の中に貢献していくことが人生の目的とミッションでしたね。

したがって、

十二因縁は「迷いの転生輪廻から、主体的な転生輪廻へ移行するにはどうしたら良いのか、無明を滅して智慧を得ていくにはどうしたら良いのか。そのための人生の課題は何か?」という視点から観察していくべきです。

参考記事:「四向四果(しこうしか)と解脱(げだつ)」洗濯機型転生輪廻

このことが、2. の論点に繋がっていきます。

自分は何を愛好し(愛)、執着し(取)、心の傾向性・カルマを作っているのか(有)を観察して、「それではそうした執着の根本にはどのような無明があるのか、を突き止めて正見(正しい見解)を深めていく。深い智慧を得ていく

こうした方法論が、現代的な十二因縁論になっていくと思います。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

2 件のコメント

  • ホーリープラネットえいこ様

    ご参考にして頂けたらとても嬉しいです(〃∇〃)
    そうですね、ひとつの到達点でもあり、通過点でもあり、新しい始まりでもあります。
    生命は、意識が永遠に旅をして、自己拡大していく過程であろう、と推測しております!(^^)

  • アタマの中で、ぐるぐるしてもつれていた糸が、少しほどけてきました。本来の死は、意識の到達点なのですね! ありがとうございました(^人^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください