人生をRPG(ロールプレイングゲーム)だと思ってみる

RPG

人生の苦しみは、肉体=自分の図式から発している

人っ生きいくと、仕事であれ生活であれ恋愛であれ、あっぷあっぷになっ溺れしまうことがありますよね。

そし、いしか、この世が全であるかのような錯覚の中に生きることになります。

そし、仏教的に言えば、人生の苦しみのほとんどは、肉体=自分、という図式から発生しいます。無我の反対の”自我”と言ってもいいですね。
参考記事:「四諦、四聖諦(苦・集・滅・道)スピリチュアル的に解釈しみた

要は、肉体我ではなく、霊的我という視点から見ると、人生の風景はずいぶん違って見えてくるということです。

霊的人生観を得るためには

その霊的我(霊的人生観)を腑に落とすために、いろいろな瞑想法がありますし、無料Eブックでご紹介した初歩的な瞑想でももちろん、有効です。

人生をRPG(ロールプレイングゲーム)と考えみる

霊的人生観を得るために、もうひとつ簡単な見方として、「人生をRPG(ロールプレイングゲーム)と考えてみる」という方法があります。

僕らの本来の住処は、あの世(実在世界)であり、この世に生まれくるのは、新たな経験を積むためである、新しい智慧をゲットするためである、と繰り返し述べいます。

そう、この世はあくまで「仮の世界」なんです。いつかは、すべてを置いて、実在世界に還ることになります。

そうであるならば、この世に浸りすぎる必要はまるでないんですね。

まさにこの世で、RPG(ロールプレイングゲーム)をやっいると思えば良いんです。

あなたの今の名前すら今世限りのものです。

また、家族関係、友人関係、仕事関係もすべこの世の人生の終わりとともにリセットされゆくことになります

まさしく、RPGなんですよ。

RPG的観点で過ごしていると、忙しい中にあっても、どこか覚めているというか、客観的なもうひとりの自分が人生を眺めている感じになり、ずいぶんと余裕がでてきます

「RPGなんだから、もっとリスクをとっみよう。新しい経験にチャレンジしみよう」という意欲も湧いきます

また逆に、「RPGなんだから、このゲームで得たお金も高級車も持っ還れないんだな」と、執着から離れることもできますね

僕も、このことは毎日のように、自分に言い聞かせるようにしいます(以前は、「人生はボードゲーム」という言い方もしおりました)。

ぜひ、一度、この考え方を試しくださいね。