女性であることのコンプレックスを精神界の観点から解決する

現代社会であっても、女性であるというだけで
たとえば会社において不利な扱いをされたり、
それから、部下を指導するにあたっても、男性側の
反発を招きやすい、という難しさはありますよね。

もっと根本的な問題として挙げられるのが、
そもそも女性として生まれている、というだけで
一定のコンプレックスから抜けきれてないところが
あるように思われます

というのも、歴史上の偉人をざっとみても、
圧倒的に男性のほうが多いじゃないですか。

そして、現実社会においても、女性に適した職業ですら、
トップには男性がいたりする(料理、スピリチュアルなど)。

こういうところから、「そもそも女性というだけで、魂として
劣っているということなのでは?」という、うっすらとした
疑問、おそれがあるんですね。

とくに現代は西欧型の社会が主流になっておりますが、
西欧型社会のバックボーンにはキリスト教があり、
さらにキリスト教の原点に旧約聖書の教えがある。

つまり、女性はアダムの肋骨をとって作られた、
といったような、「女性はそもそも補助者としての魂である」
という認識ですね。

それから、伝統的な宗教であっても、女性は修行者を惑わす
存在である、という見方も存在していました。

実際、釈迦は妻子を捨てて出家しており、イエス・孔子は独身、
ソクラテスの妻は悪妻で有名、という、今回の文明の原点となった
ところからして、こういった、”女性であることのコンプレックス”
が生じていると思われます。

ただ、上記のような女性であることの不利益、
というのは、今後、改善されていきますし、
それ以上に、今後の社会では、女性であるがゆえにアドバンテージが
どんどん増えていくと私は思っています。

ここらへんを、精神界の観点も交えつつ書いてみます。

内容的には、霊界の秘儀に属することではありますが、
新文明へ移行するにあたり、もうここらへんで
ハッキリと「女性であることのコンプレックス」に終止符を
打ってまいりたいと思います。

まず、根本的なところ、
「なぜ、過去の歴史において、男性の方が活躍してきたか」
というところをご説明したいと思います。

その理由として、3点挙げてみたいと思います。

1)天使(菩薩)以上の霊格を持った魂は、「人々を救済する」
という、いわば、”仕事”として地上に生まれてくるので、
今までの文明においては、男性として生まれてくるほうが、
仕事がやりやすかった。

2)政治においては、現代型の民主主義が発生する以前においては、
絶対王政にしても祭政一致にしても、男性であるほうが政務に
専念しやすかった。

3)前述した通り、今回の文明の大先生方(釈迦・キリスト・孔子・ソクラテス)
が男性であり、かつ、教義上、異性(とくに女性)に対する
惑わしを説いていたため、後世の弟子たちもそれを見習うことになってしまった。

ということが挙げられます。

まず、1)についてご説明しますね。
この1)の部分がある意味、最重要な論点になります。

まず、科学文明がそれほど発達していなかった時代においては、
天上界から降りてくる教えを伝えるにあたっても、
電車もなければ車もない・・・という時代では、
道中に危険も多いですね。

そうなると、そもそも伝道の活動そのものが鈍ってくる、
というディスアドバンテージがありました。

それから、女性特有の、出産・子育てということもあります。

出産・子育てについては、それ自体が霊的にみても大きな仕事であるのですが、
一方、それは一般論であって、実際に肉身の天使としての活動をするにあたっては、
そうした妊娠・出産・子育てをしている間に、肝心要の天使としての使命、
つまり、神々の声を伝える、というミッションが遅れてしまう、
という事情もありました。

また、3)に関連してきますが、祖師たちがそういった人生を送ったがゆえに、
世の人々も、リーダーはやはり男性であったほうが信頼が得やすかった、
ということもあります。

まとめますと、まあタネ明かしをしてしまえば、じつに簡単な理由でありまして。

天使(菩薩)以上の仕事・使命を全うするために、あえて男性を選んで
生まれてくるケースが今までは多かった、ということなんですよ。

天使(菩薩)以上の魂であれば、男女のどちらに生まれてくるか、
という人生計画もかなり緻密に計画して、自主的に性別を選んで生まれてくることが出来ます
(こういう、自主的な転生をすることができる、ということが、
むかしの仏教で言う、「輪廻からの解脱」の本当の意味です)。

そういうわけで、もちろん、魂の傾向性・履歴として男性を選びたい
というパターンもあるんですが、もっと大事なことは、まず
この世にうまれてくるにあたり、より仕事(天職・天命)を全うしやすい
性別である男性を選ぶケースが多かった、というのが本当のところなんです。

ゆえに、これはどちらの性が優れているかの問題ではなく、
根本は「仕事のやりやすさ」であったということなんですね。

ひるがえって、科学が発達した現代社会では、性差による腕力の違いは
もうほとんど問題になりませんし、とくにインターネットが登場してからは
「危険な道中」をすすむ必要もなく、ネット経由でも真理を伝えること、
あるいは、真理を自分の仕事のなかで展開していくことが可能になっているわけです。

ネットでなくても、会社組織のなかでもそうですね。

女性であるから、(とりあえずは周囲の偏見は置いておくとして)、
というディスアドバンテージはもう全然なくなっています。

その、道中の危険なんてもうほぼほぼないですね。
とくに日本は世界一治安の発達した国でもありますし、
移動手段もたくさんあります。

こんな感じで、過去においては、「たまたま男性の方が
天命を全うしやすかった」、ゆえに歴史に残っている偉人には
男性が多かった、という、聞いてみればコロンブスの卵的な
シンプルな理由なんです。

そもそも、精神界最上位においては、エネルギーとして存在していますので、
性差なんてあまり関係ないんですよ。

役割上、女神とか男神でいる、というケースはありますけどね。

2)の政治的背景についても、
現代は自由で民主主義的な社会が主流になっておりますので、
むかしほどのディスアドバンテージはもうなくなってきております。

3)については、今回の文明の祖師たちがそういう道を選んだ、
ということでそうなっているだけであって。

それ以前の文明では、むしろ女性のほうが活躍していた時代も
あったわけです。

日本やギリシャ・ローマの神話にも数多くの女神が登場していることからも
推測できますが、前回以前の文明では、おそらく少なくとも男女同等の文明もあったということですね。

なので、そもそも、「男性か女性か」というのが高級霊界においては、
役割とか仕事の遂行のしやすさでを考慮したうえで、性別を選んできた、
ということなんです。

ここまで話がくると、もうどちらの性が優れているか、なんて論点は
あくまでこの世のみに限ったものの見方であるということが分かります。

さて、

では今後の文明ではどうなるか、ということですが、

前述したように、仕事の遂行においても、性差によるディスアドバンテージ
というのも解消されてきました。

また、今後は結婚というパートナーシップにおいても、
夫婦それぞれが仕事を遂行しつつ、協力しあっていく、
相乗効果を生み出していく、というパターンが増えていくと思います。

そうした状況においては、男女どちらに生まれてくるか、というのは、
もう趣味のレベルといいますか、

美を愛するので、女性に生まれてこよう、
とかそういうことになりますね。

現実に、高級霊たちが男女どちらに生まれているか、についても、
もうほとんどフィフティ・フィフティに近くなっていますし、
その比率は逆転してくかもしれません。

今、私の記事を読んでいる(つまりネットを使いこなしている)世代であれば、
むしろ女性のほうに天使(菩薩)が生まれているケースが多いくらいです。

実際は、軍神系の天使でさえ、女性に生まれてるケースもあるくらいなので、
いわんや、他の分野においておや、です。

そんな感じで、今回は霊界の秘儀を含んだ歴史哲学として、
性差の根本原因をご説明してみました。

聞いてみれば、あまりにシンプルな事実なので、
拍子抜けされたかもしれませんが。笑

結論としては、今後の文明においては、性差での優劣など
そもそも問題にもならないし、個人レベルでは、

女性と男性の特質を考慮して、自分はどちらの性でスピリットとして
修行していったほうがいいのか、喜びが大きいのか、と、ワクワク感
観点で選ばれていってよろしいかと思います。

ましてや、今までの21世紀前半までの文明から生じてきた
コンプレックスなど、雲散霧消してくるということですね。

 

 

 

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください