王道スピリチュアルとは何か

王道

王道スピリチュアルとは?

タイトルの「王道スピリチュアル」っそもそも何?という疑問があるかもしれませんね。「王道があるということは、覇道もあるということ?」とか。

ハイ、その通りなんです。

世間に出回っいるスピリチュアルは、僕は、ほとんど覇道だと思っいます。

なぜというに、

結局、神秘力を使うということでは共通点がありますが、「どこに焦点を当いるか」ということが、まるで違うんですよ。

覇道スピリチュアルのなにが問題なのか?

ほとんどのスピリチュアルは、簡単に言えば、

「神秘力を引っ張っ、この世で良いことが起きるようにする」ということですよね。

たとえば、金運アップ。たとえば、恋人の気を惹く、とか。

いろいろありますが、結局は、「この世で生きやすくする」ということに焦点がありますね。

つまり、”スピリチュアル”といいながらも、実は、ベースになっている価値観が、きわめて物質的なんですよ。

こういうスピリチュアルを僕は、覇道スピリチュアルと呼んでいます。

その存在意義を全否定するもりではないです。

ただ、

スピリチュアルでも、占い・霊能力系、などとは距離をとったほうがいい理由」という記事でも書きましたが、

覇道スピリチュアルを選んでしまうと、長い目で見て、僕らの魂が間違った方向へ誘導されてしまう危険性があるということなんです。

王道スピリチュアルは、どこに焦点をあてているのか

でも、僕が唱えいる王道スピリチュアルというのは、そもそもの焦点を、この世ではなく、あの世にあいるんです。

これは、決して、この世の意義を無視するということではないですし、また、あの世へ逃避しているわけでもありません。

それは何故かと言うと、「この世は仮の世界であり、あの世が実在世界である」ことを知っいるからなんです。

あの世が実在世界であるならば、本当の成功とは、まずは、あの世における成功でなければなりません

それはまり、

今回の人生を契機にし、さらに高い、高次元の霊域に還ること、より神々や天使に近い世界に還ること。これこそが本当の成功であるからです。

神秘力を使っ、この世で金運が良くなっも、彼氏・彼女をゲットしも、それはあなたの実力になりません。

実力とは、結局のところ、「自らの心にどれだけの智慧を付け加えることができたか、どれだけ人を愛する力を身にけることが出来たか」にあります。

まり、他力の風が吹い自分の人生が進んだように見えも、それは智慧にも愛にもならないんです。

智慧にも愛にもならなければ、それは、あの世に持っ帰れる”資産”にはなりません

ましてや、「他力の風が吹いてきて、人生が好転する」ということを、あまりに望んでいると、「自分の幸不幸が、外部にコントロールされている」という価値観になってしまいます。

そして、外部というのは文字通り外部であって、自分のコントロール外にある世界であるわけです。

自分のコントロールの外にあるものが、自分の幸不幸を左右してくる、という価値観で、真の意味において、幸せになることができるでしょうか?

ゆえに、まずは、あの世が実在世界であること、この世は魂の修行のために降りきた仮の世界であること、を信じることが第一歩になります。

それを踏まえた上で、「それでは、今回の人生で、わたしは何を付け加えることができるのか。自らの力で持っどれだけ社会に貢献できるのか」ということを考えみる。

それが第二歩目ということになります。

いろいろと難しい理論で言うことも可能ですが、簡単に言えばそういうことなんです。

僕はそのための情報、真実の世界観に基づいた真理、そのリテラシー(知識の運用法)を今後も、数多くお伝えしいきたいと思っおります。