六根、十二処、十八界 ー 仏教の認識論 ー

十八界

今回のテーマは仏教の認識論です。

ごく一般的な認識論の基礎は、「認識論ー対人関係にも生かせる哲学」という記事で書いたことがあります。

簡単に復習すると、主体と客体の関係は、

 主体→→→→客体

という単純な図式ではなく、

 主体→→認識の世界→→客体

というふうに、「認識界」が介在しているのだ、ということでした。

実は、ここまで理解できていれば、仏教における認識論もそんなに難しくはないんです。難しいのは漢字だけ。笑

まずは、六根(ろっこん)についてご説明いたします。

上記の「主体」(われわれ人間とする)に相当する部分が六根ということになります。

千日回峰などで、「六根清浄、六根清浄・・・」と唱えて修行していらっしゃる方もいらっしゃいますが、この六根清浄の六根です。

六根とは、眼・耳・鼻・舌・身・意(げん・に・び・ぜっ・しん・い)の6つです。要は、人間の感覚器官を6項目に分類しているのですね。

眼・耳・鼻・舌・身までは、漢字の意味そのままなのでお分かりかと思います。

意は意識の意ですね。つまり、眼・耳・鼻・舌・身の五官で感知した情報を統合的に判断する意識のことです。

次に、十二処(じゅうにしょ)について、ご説明します。

主体が六根でありますので、認識の対象である「客体」が存在しますね。その主体の六根の6種類に対応する「客体」の6種類を足して十二処と呼んでいるのです。

客体の6種類が、色・声・香・味・触・法(しき・しょう・こう・み・そく・ほう)ということになります。

ちなみに、この6種類を六境(ろっきょう)とも言います。

六根との対応関係を図で現しますと、

  1. 眼→→→→色
  2. 耳→→→→声
  3. 鼻→→→→香
  4. 舌→→→→味
  5. 身→→→→触
  6. 意→→→→法

ということですね。

1.の「色」は「物体」という意味です。眼が捉える対象が物体であるということですね。6. の「」は「存在」という意味です。インドで「法」というときに、大きくは、「教え」という意味と、「存在」という意味の二通りがあるということは、以前に、「無常なるものは苦であり、苦なるものは無我である」という記事の、「諸法無我」のところでご説明いたしました。
*法=ダルマ(サンスクリット語)、ダンマ(パーリ語)

ここまで大丈夫ですよね?やはり難しいのは漢字だけだと思います。笑

さて、3つ目は十八界(じゅうはちかい)です。

勘の良い読者ならもうお気づきだと思いますが、上記の六根+六境=十二処に、認識界の6種類を足した合計18種類の世界のことを十八界と言います。

認識界は、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識(げんしき・にしき・びしき・ぜっしき・しんしき・いしき)の6種類です。

また、この6つを六識(ろくしき)ともいいます。

対応関係を全部、整理してみますね。

  1. 眼界→→眼識界→→色界

  2. 耳界→→耳識界→→声界

  3. 鼻界→→鼻識界→→香界

  4. 舌界→→舌識界→→味界

  5. 身界→→身識界→→触界

  6. 意界→→意識界→→法界

ということで、合計、十八界になりますね。

ちなみに、以前、出てきた五蘊(ごうん)と十二処、十八界の3つを三科(さんか)と称したりします。
*六根・六境・六識の3つで三科という場合もある。

ね?やっぱり難しいのは漢字だけでしたよね?笑

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください