「反省すると罪が清められる」ということを哲学的に証明する – 持続する現在意識 –

告解・懺悔(キリスト教)、八正道の反省(仏教)
内面のジハード(イスラム教)、といったカタチで、
「反省・悔い改めによって罪を清める方法論」
が世界宗教では共通して説かれていますね。

ここで、

「悔い改めるのです。そうすれば罪は許されます」
と言われて。

「分かりましたー!( ;  ; )」
と素直になれる人は幸いなるかな、です。

近現代人は半端に知力がついてしまったがゆえに、
「そんなバカな、非科学的な・・・(内面の声)」
となってしまうパターンがほとんどですね。

まあ、この「反省」の話に限ったことではないんですが、
神々という”大人”からみると、近現代人という”子ども”が
知的な反抗期に入ってしまって、「どうしたものかな」
と思われたわけです。

そこで、近現代人に合わせて、知的に思弁的に真理を説こう、
ということで、17世紀以降、特に18世紀あたりは智天使たちの働きが
強くなった、という経緯があります。たぶんね。

そういった経緯は数限りなくありまして、
「神は沈黙している」どころか、相当、お人好しに
面倒みてるんですよ、実は。

人類といいう子どもたちがこうくるなら、
今度は、こう導いてあげよう、と。

***

話しは時間論になります。

時間というのは、「過去・現在・未来」があるということで、
一般には理解されていると思います。

でも。

その前提をまず疑ってみましょう。

前提条件を疑うことから始めるのが哲学です

まず、

「過去」は文字どおり、過ぎ去っています。
つまり、「無い」。

それから、

「未来は」は文字どおり、未だ来らずです。
つまり、「無い」。

「有る」のは、「現在」だけなんです。

***

「ええーー!?じゃあ二年前のあの日あの時の
愛の出来事は夢まぼろしってこと??」
ってなるかもしれませんが。

そうじゃありません。

「二年前のあの日あの時」は、それを経験し、
認識した時点では、やはりその時の「現在」でしたよね。

そして、こう記事を書いているその瞬間瞬間にも、
上の文章を書いていたのは、時計的には「過去」
なのですが、書いていた時点では、やはり「現在」でした。

つまり、「過去」とは「現在」の意識の領域にある、
「追憶・記録」としての存在なんです。

同様に、「未来」とは「現在の意識の領域にある、
「予想・期待」としての存在なんです。

言い換えれば、

「過去・現在・未来」があるのではなく、
現在が持続しているんです。

そして、

その「現在」の流れを感じているのは、まさしく
私たち自身の「意識」ですよね。

時間を感じるためには、それを感じるための
「ワタシのこころ」がなければ感じることはできませんね。

つまり、意識が時間を感じ取っている。

もっといえば、

実は、意識の流れそのものが時間なんです

***

みなさん経験していると思いますが、

「今日はアッという間に過ぎたなー」とか、
こういう哲学的な議論を読んでいると面倒くさくって、
「あれ?まだ5分しかたってないの?」とか。

みなさん、意識の流れで時間を感じ取っているはずです。

ただ、

いま、肉体がこの世にあるので、ふと気づくと、
地球人類共通の「時計的時間」に意識を合わせることになります。

上の例で言えば、
学校の先生がいま退屈な「時間論」の講義をしていると。

で、「早く終わらないかなー、長いなー、まだ5分しかたってない(泣)」
と思っていても。

チャイムが鳴ると、チャイム=時計的時間(物質界の時間)に
クラスの生徒全員が意識を合わせるわけですね。

***

論点がそろってきましたので、まとめますと、

  1. 「現在の持続が時間である」
  2. 「時間を感じ取るのは意識である」
  3. 「時間とは意識の流れそのものである」

この3つのテーゼを一言でまとめると、

 時間=持続する現在意識

という公式になります。

現在・現在・現在・現在・・・と意識が刻印しているようなもの。

↑では、現在と現在の間に「中丸= ・ 」を入れていますが、
中丸という断続すら無いですね。

書き直すと、

あなたの意識は以下のように流れています。

 現在現在現在現在現在現在現在現在現在現在

これを漢字31文字で並べると、前衛短歌になりますね。笑
読むのではなく、漢字を視覚的に追ってください。

円環的に、表現してみよう。

 在現在現在現在現在現在現在現在現在現在在現在現在現在現在

うーん。。これをさらに視覚的に円環形でデザインすると、
さらに完璧なんですけど。

誰か、書道とか、デザイン・絵画系が得意な人とコラボしたい。

タイトルは、「時間論」

***

話し、逸れました。笑

上記の例だと、

「これを漢字31文字で並べると」

と書いたあたりで、
「意識の種類」が「歌人」に変わっています。

ということは、「意識」の自己同一性も時間論にからめつつ、
もっと深く考察できそうですね・・・。うーん・・・。

(こんなふうに、哲学とは、大学で過去の哲学者の文献を
訓詁学的に漁るものではなく、真理に関する思惟(しい・しゆい)的
作用を言葉(ロゴス)をもって再現させる作業のこと、なんです)

***

あ、また逸れた。

***

そういうわけで、

過去というのは実は、
現在意識のひとつの領域内である「記憶・記録」にあるんです。

時計的に過ぎ去ったものではなく。

そして、ポイントは、

現在である以上、上書きが可能ってことなんですよ

過ぎ去ったものは上書きできませんが、過ぎてない(現在だから)
から、上書きができる。

ゆえに、反省・内観によって、「出来事に対する自分の見方・感情を
変換すれば、すなわち、上書きされるということになる

したがって、宗教用語に戻すと、

「悔い改めなさい、そうすれば許されます」

ということになります。

*同様に、
「未来」は現在意識内の「期待・予想」という領域内にある。

したがって、現在意識で念ったことが現実化するといいう、
自己実現の理論も哲学的に証明できるということになります

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください