ぷち鬱になるくらいは当たり前!!(四苦八苦と円融三諦)

ぷち欝

苦しみを認め、苦しみを叡智に変えるのが正解だが…

当サイトでは、「智慧を獲得し、智慧を与えることが愛であり、理想世界づくりに貢献していくこと。それがこの地上世界に生まれてくる目的とミッションです」と、くり返し申し上げていますが。

日常生活を営んでいく上で、「苦しみを智慧に変える」というのが、いつもいつもスムースに行えるとは限りませんね。

釈尊は、まず冷静に、「この世は苦しみである」という認識から出発しています。

いわゆる、苦諦(くたい)です。

「諦」は「あきらめる」とも読みますが、あきらめるはすなわち、「明らめる」ということでもあるわけです。

何を明らめるかというと、8つの苦しみはやむを得ないものである、ということですね。

8つの苦しみとは、俗に、四苦八苦ともいいますが、すなわち、

生(しょう)

自由自在な天上世界から、不自由な物質世界へわざわざ生まれてくる苦しみ
*「生」を「生きる苦しみ」と解説している仏教書もありますが、本来は、「生まれてくる苦しみ」のことを指します。

老(ろう)

老いていく苦しみ

病(びょう)

病気になる苦しみ

死(し)

いつかは死ぬこと、また、それを予見する苦しみ

愛別離苦(あいべつりく)

好きな人と別れる苦しみ

怨憎会苦(おんぞうえく)

嫌な人、キライな人と顔を合わせる苦しみ

求不得苦(ぐふとくく)

求めても得られない苦しみ、自己実現がなかなか叶わない苦しみ

五蘊盛苦(ごうんじょうく)

肉体と肉体に基づく欲求が突き上げてくる苦しみ
*五陰盛苦(ごおんじょうく)ということもある

こうした8つの苦しみがあります。

こうして並べてみると、「なるほど、認めざるを得ないな」というのが、ごく普通の感覚ではないでしょうか?

肉体的人生観(唯物論)では、四苦八苦はそれ以上、発展の余地はなく、

  • ニヒリズムに行くか
  • 開き直って、欲望のままに行くか
  • なんとなく、生きていくか

どれかを選ぶしかなくなってしまいます。

ところが、霊的人生観、王道スピリチュアル的人生観を選ぶと、

  • あの世にいると波長が同じような人と一緒にいて、楽ではあるけども、刺激が少ない
  • ゆえに、たまーに地上に生まれてきて、新たな経験を獲得する(肉体を持つと、波長の違う人とも会えるから)
  • そして、今回の人生で得た経験を「おみやげ」として、あの世に持っていく
  • できうる限り、この地上も理想世界に近づけるように貢献していく。その「智慧✕愛の面積」が仕事量として、自らの霊格を上げることになる

という道筋を選ぶことができます。

そして、具体的には、上記の四苦八苦を、一転して、「叡智変えてしまおう!」というのが、四諦の残りである、集諦・滅諦・道諦ということでしたね。

集諦(じったい)

苦しみには原因がある。肉体的人生観では、苦は苦のままでしかない

滅諦(めったい)

霊的人生観から眺めると、苦しみには意味があることが分かる。また、本来、霊的存在であることを知ることによって、安らぎの境地へ入ることができる

道諦(どうたい)

八正道(はっしょうどう)の点検によって、具体的に、苦を叡智に変えてしまう。叡智に変えるコツは、すべてを縁起の理法すなわち、「原因・結果の法則」で眺めること。

八正道の完成、すなわち、正定(しょうじょう)の段階で、肉体を持ちながらにして、霊的な自由自在の境地になる。

参考記事:「四諦八正道を実践する本当の意味とは

この世はやっぱり「苦」である、キツイ

四諦八正道の振り返りになりましたが、

つまり、そもそも、地上に生まれてくることは、「大変なこと」なんです。キツイんですよね。

肉体を持っているということは、ぬいぐるみをかぶったまま生活しているようなものなので。

また、特に現代の地上世界は、まれにみるくらいに地獄界に近づいている面があります。

はっきりいえば、浅い地獄界や地縛霊・浮遊霊を含めれば、現代人の6割近くは天上界へストレートに還れていません

ただでさえキツイのに、輪をかけてキツイだろうってのは想像がつきますよね。

これは大きくは、肉体的人生観。マクロ的には、唯物論の蔓延(まんえん)が根本原因です。

カトリック教会の権威で苦しみを作った中世の反省から、

  1. 「人間復興」すなわちルネッサンス
  2. 自然科学を発展させる
  3. 政治と宗教も分離させる

というふうに舵を切っていったのですが、これも天上界の計画です。

その当時(当初)は、今とは真逆で、科学的なことを唱えることが、「怪しいひと」という見方をされることが多くて、ずいぶん苦労したわけですが、

現代では、それがまた極端に振れて、とくに20世紀は(さらに、とくに戦後日本では)、スピリチュアルなことを語ることが「怪しいひと」というふうに振れていってしまったんです。

どちらも両極端で、正解は、当サイトで申し上げているように、神秘主義と合理主義を両立させること、総合すること、が正解です。これも、中道ですね。

ただ、いきなり中道は難しいので、

  • いったん神秘主義に振り切ってみる
  • その後、合理主義を強く打ち出してみた

という、文明の流れを作ったわけです。

その文明の流れを作ったのは、天上界の計画であり、それを実行したのは、地上に生命をもった天使たち、および天使研修生たちです。

広く言えば、「天使研修生以前の段階だけれども、善なるこころを持ち、専門分野(仕事)で地上生活の進化を進めた者たち」も含まれます。

天台智顗(てんだいちぎ)の十界 ー スピリチュアルな出世の段階一覧」で言えば、

  • 天使…菩薩界出身の人
  • 天使研修生…声聞界・縁覚界出身の人
  • 専門分野(仕事)で地上生活の進化を進めた者…天界(上段階あたりから)出身の人

おおまかに言えば、こういう分類になります。

長くなりましたが、こんな感じで、

そもそも地上に肉体を持って生まれてくるのがキツイ上に、輪をかけて現代の地上世界の波動が地獄6割になっている、という、逆6割GO!の世界にいるわけです(笑)。
参考記事:「6割GO!で始める

なので、まともな神経をもっていれば、「ぷち鬱くらいは当たり前」なんです。

また、むしろそのくらいのほうが、地上にいる間は苦しい面はどうしてもありますが、内省的になり、王道スピリチュアルに目覚め、真の人生観を獲得していくという意味では、プラスの側面があるんですね。

王道スピリチュアルは、じつは、大乗仏教ですでに説かれていること

「王道スピリチュアル」ってね、べつに新しいことを言っているわけではなくて、大乗仏教のなかでも何回も説かれていることなんですよ。

一例を言うと、上で挙げた十界説の天台智顗大師(てんだいちぎだいし)も”円融三諦(えんゆうさんたい)”を説いています。

三諦とは、

空諦(くうたい)

霊的な実相から見れば、この地上世界は空(くう)なるもの、仮のものである。霊的な世界(スピリチュアルワールド)こそが本当の世界であるという真理。

仮諦(けたい)

かと言って、「空である」と切って捨ててしまうだけでは、「あの世に憧れる人」というだけになってしまうので、この物質世界に生まれてきた積極的な意味を考える。という真理。
*この世の事象を縁起の相で眺めてみる

中諦(ちゅうたい)

仮諦(けたい)にとらわれていると、またまた物質的波動に染まってしまうので、「空諦(くうたい)と仮諦(けたい)の中道をいきましょう」。という真理。

つまり、

ときには、空諦を観じ、ときには、仮諦を観じ、中なる道を行きましょう(中諦)。この3つの真理を円融(えんゆう)、つまり、くるくると回して、人生を漕ぎ渡っていきましょう、と。

円融三諦も小難しく言えば、いくらでも言えますが、簡単にいえば、こういうことなんです。

これは、僕がいま言っている、王道スピリチュアルと同じことなんですよ。

プチ鬱の話をするつもりが、ずいぶんと話が広がってしまいましたが、参考にして頂ければ幸いです。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください