千手観音像にみる、神々や天使(菩薩)たちはめっちゃ働いてる!って話

スピリット(人間)の本質が、エナジーであるというお話をしました。
*エナジー=個性をもつエネルギーという意味で使います。

エナジーということは、エネルギーってことですから、
本来、姿形はないってことになりますね。

で。

エネルギーのエネルギーたる所以(ゆえん)は、
いくらでもエネルギー分化できるってことです

たとえば、物質界に引き直して例を挙げてみましょう。

ココに1個の搗きたてのお餅があるとします。

お餅って手でちぎれば、2個になったり3個になったり、
100個にもなることができますね。

逆に、100個になったお餅をまとめれば、
また1個に戻すことができます。

このように、一が多にあなり、また、多が一なることができる。

これを哲学用語で、「一即多、多即一」と言います。

西田幾多郎という日本の哲学者(京都学派)が唱えた概念です。

エネルギーというのはまさにこれで。

さきの、搗き立てのお餅のように、ひとつのエネルギーが
沢山のエネルギーに別れることができるんです。

エナジー分化とでも呼びましょうか。

たとえば、
精神界にいるイエス・キリストが、宗教画に描かれているような、
たった”ひとりのイエス”であったならば、どうでしょうか?

今この瞬間にも世界中のクリスチャンから、
イエスの御名は呼ばれているはずですが、
イエスの身体がひとつであったなら、
たった一人の信者のところにしか行けないことになりますよね。

ところが、そうではなく。

イエスは、天なる父の御元でエナジーとして存在している、
それも、超巨大なエナジーです。
*霊格によって、エネルゴー量が変わってきます。
精神界でも、上にいけば行くほどエネルギー量が増えていきます。

エナジーであるからこそ、エナジー分化して、
数多のクリスチャンの元へ赴くことができるんです

まあ、実際は、祈りの内容によって、
イエスご自身というより、しもべの天使や天使予備軍たちが
赴くことが多いと思います。

***

このエナジー分化の様子を象徴的に現したのが、
千手観音像です。

千本の手を持っている、というのは、
衆生の救済のために、いくらでもエナジー分化しますよ、
との象徴なんです(僕の解釈ですよ)

ゆえに。

神々や天使たちは、いくらでもエナジー分化して、
人々の救済にあたることができるわけです。

あるいは、地上に降りた天使たちにインスピレーション
を送る仕事もされています。

***

そういうわけで、神々や天使たちは、
”沈黙”(cf:遠藤周作)
どころか、土曜日も日曜日もなく、
めっちゃ働き続けています

なんとなれば、
エナジー、エネルギーの本質は”作用”(働きかけ)であるからです。

天使であっても、地上(物質界)に生まれれば、
肉体を持っておりますので、休憩はしますけどね。

そういうわけで、たとえば、”祈り”は常に聞き届けられてると思って
間違いありません。

とは言っても、自我我欲に基づく祈りは天国ではなく、
下の方へいっちゃいますけどね。笑

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください