マヤ、アステカ、インカ霊界には、メインストリームの高級霊は存在していない

今まで、方便的に、というわけでもないのですが、
精神界と物質界の二分法で解説してまいりました。

精神界(あの世)が実在の世界であり、
物質界(この世)は、魂の修行のための、仮の世界である、と。

同様に、ギリシャ哲学、
とくにプラトンの哲学ですね。

これも、

現象(世界)の背後に、イデアという実在(世界)がある。

と、実にざっくりと説明してまいりました。

もちろん、これらはウソではなく、本当のことなんです。

でも、

真理というのは、実際は、多面的なものであって、
この世の言語で、「これこれこう!」と一発で解説できるものでもないんです。

***

別の側面から見ると、実際は、
物質界と精神界はかなりの程度、リンクしているところがあります。

そういった、”リンク”という側面から言うと、

1)精神界のほうで、事前に何らかの計画をたて、
それが物質界に降ろされて(つまり、天使たちが肉体を持って生まれて)
ひとつの文明が築かれるというパターン。

それから、

2)物質界のほうで、何らかの事情により、文明が滅びたあとは、
該当するところの精神界(視覚的に言えば、とりあえず、”上空”と理解して頂いて
よろしいかと思います)も、雲散霧消してしまう、というパターン。

この2つのパターンがあります。

今回のトピックは、特に、この2)に関わってきます。

***

結論的には、
マヤ、インカ、アステカ文明が最盛期を誇った時代には、
その”上空”(つまり、該当する精神界)には、
メインストリームの神々や天使たちがある程度は存在し、
指導はしていたかと思います(ただ、文明の高みをみる限りでは、
主流系ではあっても、民族神の範疇はでてないかな、と)。

でも。

ご存知の通り、これらの文明は、すでに滅ぼされておりますので、
当然、それらに該当する精神界には、すでに神々や天使たちは存在していない、
ということです。

厳密に言うと、
マヤ文明→アステカ文明→スペインにより滅亡
インカ文明→スペインにより滅亡

ということですね。

こういうケースでは、その該当の精神界も雲散霧消、
ということになり、

そこにいらした神々、天使たちは、
また別の文明圏に肉体をもって生まれ、
その新たな文明圏の”上空”に、再度、天上世界を作る、
あるいは、新文明の建設に参画する、ということになります。

***

いやいや、そうは言っても、現地に行けば、
大きな霊的波動を感じるとか、
あるいは、そういう古代文明の神々に祈ると、
インスピレーションが降りてくのだ、
これは間違いない!

という実感・反論もあろうかとは思います。

ハイ、それは間違いではないです。
それはその通りなんです。

でも、

その、
「霊的波動」の正体がなにか、ってところが問題なんです。

結論までの流れを言うとですね、

1)古代文明へのノスタルジーや神秘性が大好きな人々がいて
2)そうした方々が現地へ赴いたり、あるいは祈ってみたりする
3)そうすると、その”上空”に、魔法界の霊人たちが集まって、魔法霊界が形成される
4)そうすると、地上にいる人間も、「これはますます本物である、霊的波動を感じる!」ということになり、
5)さらに、魔法界の霊人が集結して、魔法界が拡大する

といった順になっているんです。

woman-578820_640

つまり、マヤ、アステカ、インカ霊界を現在、指導しているのは、
もともとのメインストリームの天使たちではなく、魔法界の霊人なのです。

したがって、それらを信奉している方々が、死後、赴くところも、
メインストリーム天国ではなく、魔法界へ行くことになる、ということです。

***

今回は、たまたま3つの文明を例に挙げましたが、
こういうケースは他にもいっぱいありますね。

まあ、それでもどうしても魔法界がお好き、ということであれば
それはそれで止めませんが、

以前、別記事でも申し上げたように、魔法界的な霊能力・超能力信仰が、
慢心を呼び、魂としての転落を招き、結果的に、”裏”どころか”下”(つまり地獄界)へと行ってしまうケースが多いと。

そういうことを、今回、指摘しておきます。

私個人としては、安全でかつ、長期的に見て、魂として真っ直ぐに
伸びていくことができる、主流系・メインストリーム系の指導に
従ったほうがよろしいのではないか、今からでも変更されたほうが
よろしいのでは、

ということを述べておきます。

ちなみに、

肝心要の(?)霊能力についても、
魔法界系よりメインストリーム系のほうが強いですし、
リーディング能力なども正確です。

魔法界=裏側、ということで、なぜ、”裏”にあるかとうと、
一緒にしておくと、実害がでるので、表(メインストリーム)側が、
裏を封じ込めているということです。

封じ込められる側より、封じ込めている側のほうが
霊能力においても強い、というのは当然のことです。

ただ、メインストリーム系は、霊能力や神秘力を売り物にしないで、
あくまで、心の磨きや愛の実践を説いていく、
ということですね。

メインストリームなのか、魔法界なのか、
見分けがわからないということであれば、

  • 魔法界:霊能力・超能力・神秘力・当てもの、を強調する
  • メインストリーム:「心の磨きや愛の実践」を説いている。
    霊能力については、場合によっては、一切言及しない(孔子など)

というところを参考にしてください。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください