人生を経営(マネジメント)として捉えてみる

人生を経営(マネジメント)として考えてみる。
久しぶりにリビング社長バージョンというか、
ビジネス的観点を入れて書いてみます。笑

***

個人の修行でも、「わるいことよりも良いことを多くすれば、
天国へ還れます」というのは、大昔からあるシンプルな教えですが。

これって、会計的に言えば、
収益(良いこと)ー費用(必要悪・過ち)=純利益(今回の人生の成績)
ということになります。

これは、損益計算書(P/L)の観点ですね。

さらに。

1回1回の人生を、それぞれ独立した1会計期間だとすると
(会社では、4月から翌年の3月までの1年間を1会計期間として
決算を行いますね)。

過去世までの人生で積み重ねてきた資産と負債があるわけですね。

つまり、過去世からの貸借対照表がある。

そして、今回の人生で得た純利益が新たな資産=利益剰余金として、
貸借対照表状に記載されるわけです

そして、

資産(スピリットとしての全ての良い行い)
ー負債(スピリットとしての全てのわるい行い)
=純資産(スピリットとしての全実績=霊格)

となっていくわけですね。

魂の貸借対照表

***

こういうふうに、自分の人生を経営として捉えるわけです。
しかも、過去世込みで。笑

さらに、経営計画として、「それでは、未来世はどうしようか」
なーんて観点も出てきて楽しいですよね

こういうふうに人生を財務諸表で読むと、ずいぶんクリアになってきます。

たとえば、宗教的な魂は、過去に犯した罪に過剰にとらわれる
きらいがあるのですが(僕もそうです)、過去に犯した罪=費用
と捉えれば、

・内省によって費用を減らしておこう
・むしろ、収益(善い思いと行い)を増やしていこう!

と、トータルで考えることができるようになるわけです。

***

また、貸借対照表の資産の欄をチェックすれば、
眠っている在庫=使っていない自分の特技・得意領域
があるんじゃないか?それを不良在庫にしてしまっていないか?

などとチェックすることもできますね。

とくに潜在意識の扉を開くと、過去生の資産も使いやすくなります。

***

これを読んでいる方は自営業の方も多いかと思いますが、
会計は基礎だけでもマスターしておくといいです。

しかも!

会計って実は面白いんですよ。

僕も、数字は苦手・・・と、ずっと避けてきたのですが、
考えてみれば、計算は四則演算しか使いませんし。

読み方がわかると、たとえば、NOVAが破産申請する前の
数年間の数字を財務諸表で追ってみると、経営者が
何を考えていて、どこがミスったのか、よくわかるんですね。

いわば、数字のむこうにドラマがみえて、
下手な小説よりよほど面白いんです。

「サルでもわかる会計入門」(?)みたいな本を
2-3冊読めば、人生にまた幅がでること請け合いです^^

 

 

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください