憑依現象は日常茶飯事!?

憑依

憑依については、今までもチラチラと記事の中で触れたことはありますが、正面からテーマとして取り上げたことはなかったかもしれません。

「過度に恐怖心を煽るのもどうなのかな?」と高田的に、あまり趣味じゃないところもあるんですが、

やはり、自分も含めて、世間で暮らしている多くの人を見るにつけ、「憑依というのは、かなり身近な現象」、もっと言えば、「日常茶飯事」と言わざるを得ません。

まあ…どのくらい日常茶飯事かというと、殆どの人が、1人−3人(1体〜3体というべきか)の「お馴染みさん」の憑依霊とご縁がある、というレベルです。

いつもいつも、くっつかれているわけではないですけどね。

憑依の原因としては、何度か語っていますが、「波長道通の法則」ですね。

人間は、こころの状態によって、常に何らかの波長を発信しています。

そして、この世でも「似た者同士が引き合う」という現象がありますが、実際は、この世と霊界はオーバーラップして存在しているので、霊界にいる「似た者同士」も引き寄せてしまうわけです。

というより、霊界のほうが「(地上的な意味での)距離が関係ない」分だけ、あっという間に引き寄せてしまうことになります。

そして今、僕らが住んでいる物質世界は、どちらかというと、昔から言う「地獄界」に近い波動を出しているので。憑依現象というものが日常茶飯事になっているわけです。

というのも、そもそも地獄に堕ちているということは、地上世界への執着が強いということなので、そういう意味で、地上に住んでいる人間に感応しやすいということになるんです。

釈尊が繰り返し、「執着を去りなさい」と説いているのは、こうした背景もあるんですね。

「諸行無常」も「諸法無我」も哲学的に語ることも可能ですが、第一義的には、「物質的なものへの執着を去りなさい、自我意識を去りなさい」という実践的な教えです。

*参考記事:「無常なるものは苦であり、苦なるものは無我である

実践的であるということは、超訳的に言うと、「地獄に堕ちないための教え」であるということです。

そして、それは同時に、「今、憑依霊を退散させるために有効な教え」でもあるということになります。

まあでも、憑依されるということは、その憑依霊と同等なものを自分が持っているということなので、見方を変えれば、「そうした心の傾向性を克服することが今回の人生の課題」ということもできます。

古い言葉で言えば、「カルマ」ですね。

ちなみに、憑依も短期間であればまだいいのですが、長期間、「憑かれっぱなし」の状態になると、もう、本人だか憑依霊だか、判別できない状態になってしまいます。

「ほとんど、同一人物」という感じです。

そうすると、死後の行き先は、当然、その憑依霊と同じ世界、ということになってきます。

そういうわけで、やはり、「憑依」という問題は、地上世界に生きている僕らにとって切実な問題だと思えますので、

今後、

「憑依されているとどういう心理・体調になるか」「いかにして憑依をとるか」「自分で除霊をできるようにするか」「エクソシストと悟りの関係はどうなっているか」

などのテーマでも記事にしていきますね。

 

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください