悩みとの戦い方指南

悩みとの戦い

まずは、数息観(すそくかん)

たくさんの悩みが同時に重なってきて、混乱状態になるときありませんか?

僕はありますよ(笑)。

そんなときに効く、即席の対処法をお教えしますね。

それは、、

無料Eブックに書いてある数息観(すそくかん)をやることです。

自分の呼吸を数えるというシンプルな瞑想でしたね。

吸ってー…吐いてー(いーち)、吸ってー吐いてー(にーい)

と数えていくだけです。

なぜ、これが効くかというとですね、

「人は同時に複数のことを考えられない」という法則を使うことになるんです。

呼吸を数えることに専念していれば、同時に他のことは考えられなくなりますね。

数息観の最中でも悩みが浮かんできたら、

「吸ってー、吐いてー(いーーーち)」の間があくときに、(次は、2でーす…)と補ってみましょう。

要は、悩みが入り込んでくる隙間を埋めてしまうんです。

ひとは、単純作業であっても、それに打ち込んでいるときに、フローな状態になります。

そして、フローな状態にあっては、とりあえずの悩み事って消えていくものなんですね。

また、当然、深呼吸のリラクゼーション効果もあります。

これでとりあえずは、緊急避難的に、惑乱状態からは抜けられるはずです。

悩みを感情→理性の領域に移す

じゃあ具体的に、どう悩みと戦っていくか、というお話になります。

結局のところ、「悩んでいる」という状態は、様々な出来事が頭のなかで渦巻いている状態。つまりは、感情のレベルの問題になっているということなんですね。

感情のレベルに留まっている限りは、やはりなかなか解決しないんです。

そこで、感情→理性の領域に移行させるのがとても大切になってきます。

そのための手順をご説明しますと、

  1. 悩みを紙に書き出していく
  2. 優先順位をつけていく
  3. 順番に撃破していく

ということになります。

①悩みを紙に書き出していく

紙に書き出すだけでも、だいぶ頭がスッキリします。

容量がいっぱいのPCから、重いデータを外付けハードディスクに移行したかのような感じになりますね。

紙に書き出した、という段階で、まず悩みが対象化されることになります。

 自分→→→悩み

といったふうに。

②優先順位をつけていく

悩みがたくさんあるように思えても、実は重要な2割の悩みを解決すれば、残りの8割が解決するということがあります。パレートの法則ですね。

ゆえに、紙に書き出した中で、どれが根本的な悩みなのか、どれを解決すれば、自動的に他の悩みも片付いていくのか、を見極めていくことですね。

③順番に撃破していく

ココで、兵法・軍略の話になります。

たとえば敵が50の軍勢で、自分のところは10しか勢力がないとします。

50:10の状態で、平原で真正面にぶつかったら、まず負けますよね。

なので、そういう戦いは避けるべきです。

まず、敵の軍勢を分断することが大事です。これが上記の1と2の作業にあたるわけです。

そして、自軍の10の兵力で持って、分断した敵の一つ一つを各個撃破していくんです。

そうすれば、戦いとしては、

自分:悩み=10:1

になりますので、勝てますよね。

悩みの撃破の方法としては、先に、「重要な2割を見極めて攻める」と書きました。

が、自分自身が非常に弱っている時は別の作戦があります

それは、「片付けやすいところから片付けていく」というやりかたです。

片付けやすいところなら勝てますので、ここでまずモチベーションが上がりますよね。

書き出した悩みのひとつをこの段階で線を引いて消して、「終了」の合図とすれば、けっこうな達成感が出ます。

そして、モチベーションが上がったところで、「重要な2割を攻めていく」という順序になります。

まとめ

上記のように、

  1. 数息観で緊急避難する
  2. 悩みを感情のレベルから理性のレベルに移行させる。そのために、悩みを書き出してみる
  3. 優先順位をつけていく
  4. そして、各個撃破していく

という習慣をつけると、人生の無駄な時間が相当なくなります

人によっては、悩みが感情レベルで、ぐるぐる廻っているだけで数十年過ぎている、ということもありますからね。

ぜひ、試してみてください。僕もしょっちゅうやっています。

蛇足

余力のある方は、ココでも弁証法をチェックしてみてくださいね。 
参考記事:「ヘーゲルの弁証法を中学生にもわかるように説明したい

正:即自(そくじ)

自分内部に悩みがあって解決できていない状態 

反:対自(たいじ)

悩みが対象化された状態

合:即自且つ対自(そくじかつたいじ)

対象化された悩みが解決され、智慧となって自己内部に再び戻ってくる段階