天国と地獄ってほんとうにあるのかー③

①と②は下記をご参照ください。

天国と地獄ってほんとにあるのかー①

天国と地獄ってほんとにあるのかー②

***

①と②では、おもに、天国・地獄の発生原因と、
横割りの構造(サージによって段階差があること)をご説明しました。

今回は、横割りではなく、縦割りの構造をご説明いたします。

横割りということであれば、たとえば、
AさんとBさんが同クラスの悟りを持っているとします。

ただ、AさんとBさんでは興味関心・専門分野が違ったりしますね。

たとえば、Aさんは介護に興味があるけど、Bさんは絵描きに興味がある。
かつ、それぞれの専門分野で知識・スキルを持っており、実際に仕事を
していらっしゃると。

だけど、Aさんは絵を描くことに全く興味がない、
同様に、Bさんは介護には全く興味がない、
ということがありえるわけですね。

そういう場合、”横割り”としての天国では、だいたい同じ階層(レベル)に
エナジーとして存在しているとしても、”縦割り”としては
ぜんぜん別の空間に存在していることになります

ただし、専門分野が違っても、「なんだか知らないけど気が合う」
ということはありますね。そういう場合は会おうと思えば
会える、ということになります。これはいわゆる「縁が深い」
という問題になります

***

こういったことは物質界(この世)でも、同じでしょう。

興味・関心が似ていて、人格のレベルも同じくらいだと
一緒にいて心地いいですね。

もっとも、何らかの感情の行き違いで、気が合わなくなる
ということはありますが。そういう場合は、精神界でも
交流が一時、なくなるということになります。

また、興味・関心が違っていても、なぜかウマが合う
ということもあります。これは過去世での縁が深かったり
するのも理由のひとつでしょう。

そういうわけで、精神界では、興味・関心・得意分野
によって、横割りの世界が数多く存在しています。

***

そういう意味では…若干、説明しづらいところではあるのですが。

いわゆる、”軍神”(ぐんしん・いくさがみ)と呼ばれる存在もいらっしゃいます。

「天国なのに、戦なんて!」、と思われるかもしれません。

しかし、物質界において、悪の勢力が軍事的にはびころうと
しているときに、黄金律そのままに、「右の頬も左の頬も叩かせる」
ということになると、原理的には、物質界は悪の牙城になってしまいますね

そういうことを防ぐために、神々の正義を守る、ということを使命とした
軍神役の方はやはり必要になってくるわけです

この世から見ても、ヒトラーとナポレオン、ハンニバル…など
戦争を得意としている人はいますが、何となく受ける印象が違うでしょう?

戦争を起こすことによって、多くの人命が失われるのは一緒なんですけど、
なぜか、ヒトラーとナポレオンでは、受ける印象が違う。

ナポレオンは、まあ個人としてはいくたりかの欠点はあったかもしれませんが、
大きくみれば、フランス革命の「自由・平等・博愛」の精神をヨーロッパ中に
伝播させ、自由で民主主義的な社会の設計に貢献する、という役割があったわけです。

そのことを、当時の民衆も何となく理解していたので、
ナポレオンが復帰した際には、「皇帝万歳!」と迎え入れたわけです。

哲学者ヘーゲルも、ナポレオンが進軍している光景をみて、
「時代精神が行く」とつぶやいています。

ハンニバルや諸葛孔明といった存在も、戦乱の世の中で、一定の義を
示す、ということを使命にもっていたがゆえに、歴史あのなかで永らく
愛されているわけですね。

明治維新の志士たちも、切った切られたはあったでしょうが、
やはり、欧米列強の植民地化から日本を守り、新しい時代を
開く、という使命で生きていたわけです。

ゆえに、志士たちの全部が…とは言いませんが、多くは
軍神であったり、政治家の魂であるわけなんです。

なので、精神界だからといって、スピ系や宗教家だけがエライ
ってわけでは全然ないですね。

おのおの、専門分野のなかで、
さまざまな使命を担当している神々や天使たちが
いる
ということになります。

***

今回は、縦割りの世界についてご説明しました。

ただここで、物質界に生まれてくる意味、というのを
もう一度再確認すると。

精神界ではサージが合わないので、とうてい会えない人とも
会えるのが物質界です。肉体をもっているので空間がフラットに
なっていますからね

そういう意味で、精神界の価値を忘れてしまうと、サージが
合わない人とお会いするのは、単なる苦痛になってしまいます

仏教用語で、怨憎会苦(おんぞうえく)と言いますが、
ひらたくいえば、「いやな人と会う苦しみ」です。

まあ、嫌とまで言わなくても、「ちょっと居心地がわるいな」
とか、「なんかすごすぎて会うのが気がひける!」っていう人も
いますよね。

そういうことも、精神界の価値観、すなわち、物質界が創造された
目的に照らし合わせると、一定の意味があるということです。

すなわち、
精神界ではサージの段階も種類も違う人と交流すること
ができるのが物質界である。
そのことによって、見聞を広める、新たな経験を獲得する、という意味合いが
ある
ということになります。

今日は、ここまでにしますー。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください