ワンワールドとインターナショナルと

英国がEU離脱するかどうか、で緊張感が高まっていますね。
ポンドで資産運用をしている人にとっては、死活問題
かもしれませんし、仮にEU離脱となれば、相当な政治的
インパクトも避けられないでしょう。

個人的には、どちらかというと、英国はEU離脱したほうがいいと
思います。

短期的には、EUからの反発などもあってポンドの大幅下落…
などといった事態が予想されますが、ポンドが下落したら
イギリスは輸出を伸ばせばいいですね。笑

イギリスは北海油田の発見が大きいですし、
国際金融センターとしての地位も持っています。
 
また、 

イギリスは歴史的に、大陸と距離をとることによって、
大英帝国の繁栄を享受してきました。

そういったいわゆるオカルト史観も意外に当たるものなんですよ。

***

たとえば、日本で言えば、1902年の日英同盟ですね。

日英同盟以降は、対露戦の勝利、第一次世界大戦の勝利、
大正デモクラシーへ、といった流れでひとつの上り坂の
時期でした。

一方、ロンドン海軍軍縮条約(1931年)で、事実上
日英同盟が破棄されたあたりから、昭和の転落が
始まることになりました。

このオカルト史観を整理すると、「日本はアングロサクソンと
同盟を組めば運が良い」ということになります

現在でいえば、日米同盟ということになります。

***

話を戻しますが、英国がEU離脱した場合、
EU全体にも相当なインパクトを与えるでしょうね。

まず政治的に、反移民・反EUの運動が加速されていくでしょう。

ただ、どちらにしても、ヨーロッパの没落はもう止めようがないです

英国のEU残留で、EU全体がゆっくりと没落していくか、
離脱で、没落を加速させるか。その違いでしょうね。

***

ヨーロッパは今回のEUに限らず、歴史上、何度も普遍世界を志向
しながら失敗しております。

それは結局、「永遠のローマ」への憧れであって、

神聖ローマ帝国、第三帝国、EU、と、ローマ再興の夢に
繰り返しチャレンジしているように思われてなりません

でも、それはもう叶うことはないです。キッパリ。

もっとオカルト的にいえば、やはりコロンブスのアメリカ大陸発見
以来の植民地政策のカルマ刈り取りが、今後、本格化してくるでしょう

なぜ、フィリピンはフィリピンという国名なのか、
なぜシンガポールは英語が公用語なのか、
なぜ、インカ・アステカ・マヤ文明は消滅したのか。

なぜそもそも北米大陸に白人が住んでるのか。
なぜ、ハワイはアメリカ領なんでしょうか。

***

うちの奥さんも含めて、ハワイ好きな方は多いですが、
ハワイの哀しみというのも一度、考えたほうがいいですね。

『アロハ・オエ』は恋愛の歌詞にみえて、実際は、
愛する人=ハワイ王朝とその伝統そのもの
という見方がありますよね。

歌詞を今一度、その視点で読み返してみるといいです。

アメリカはハワイを併合する際に、ハワイ王朝の
王女を兵士に与えるなどしています。

あまり知られていないですが、アメリカのハワイ併合が
”ちょっとだけ”遅れたのは、当時の日本帝国海軍が軍艦を派遣して
一定の圧力をかけたから、なんです。

日本にとっては国益と関係のない、無償の行為です。

今のところ、日本と東アジアの安定は、日米同盟がかなめになっており、
(オカルト的に)アメリカの繁栄が許されていますが。

たとえば、中国・北朝鮮の脅威がなくなり、日露同盟も成り、
となって、日米同盟の必要性も減っていったら、どうなるか。

僕らが生きている間に、
北米大陸に大きな反作用が起きるだろうな、と。

そういったことを考えています。

***

結局、グローバリゼーション(ワンワールド)はアメリカナイゼーション、
つまりアメリカ的価値観によるワンワールド化およびヨーロッパの
普遍世界への志向が一致して進んでいったものですが。

今後は、ワンワールドではなく、インターナショナルに戻っていく。

弁証法的には、

 ワンワールド(正)ーー インターナショナル(反)

の図式に対する、止揚(アウフヘーベン)および「合」には
なにが必要であるのか。

コップの例でいえば、次元上昇が必要でしたね。

 横から見て長方形(正) ーー 上から見て円形(反)

この2次元平面の見方に対して、アウフヘーベンは、
3次元立体でみる、円筒形(合)ということでした。

繰り返しますが、それでは、
ワンワールドとインターナショナルを止揚する価値観は
どのようなものなのか。

それは、

多様性(多国家・多民族・他宗教)を許容しつつ、
それらを一段高い次元でもって統合していく価値観です

その価値観を提供できるのは、日本しかない、
と僕は思っています。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください