古本には生霊がくっついている!?

生霊

この世は念が飛び交う世界

あの世ではもちろん、念=思いだけの世界であるわけですが、前回の記事でご説明したように、僕らはこの世に居ながらにして、同時に多次元的存在である、ということになりますと、

この世においても、やはり当然、念というものは年がら年中飛び交っているわけです。

というよりも、肉体を持っているがゆえに、自分とは本来、波長が合わない念に”出くわす”チャンスが多くなるデメリットがあります。

あの世は波長のみの世界ですから、自分と波長の合わない念とは、基本的には接する機会がないんですけどね。

この世では、肉体を持っているがゆえに、「出かけたくないところにも出かけなければいけない」ということが当然あるわけで、

そうすると、「出くわしたくない念に接することになる」機会も多くなるというわけなんです。

念はそれ自体がちからを持ってしまう性質がある

「念」の面倒なところは、その念を発した本人が忘れ去っていたとしても、その念自体がずっと”仕事”をし続ける側面があるということです。

これがタイトルにも書いてある「古本には生霊がくっついている!?」ということにも繋がってきます。

まあ、生霊というのは言いすぎなんですけどね。

そこまで言わなくても、前の所有者が本の内容と格闘(?)した思い→念のようなものが、けっこうベタベタくっついているんですよ。

それが、天国的なものであれば良いんですが、そうでない場合も多い、というのが面倒なところで。

特に、書き込みなどがあると、「書き込みという行為に及ぶまで思いが強かった」ということになりますので、やはりこれは、念が強いなーってことになります。

念が残る→残念。ということでしょうか。笑

むかしは、「古本の以前の所有者から書物の歴史を受け継いだ」、みたいな感覚を奥ゆかしく感じたこともあったのですが、霊的に敏感な体質になってから、それがだんだん面倒に感じるようになってきました。

そういうわけで、最近は、なるべく新刊を買うようにしています。

もっとも、本当に欲しい本に限って絶版になっていたりしまして、やむをえず古本を買うこともありますけどね。

ただ、そういう希少本については、もとの所有者が僕と趣味が似ているせいなのか、わりあいに念についても、そんなに面倒な念ではないことが多いです。

マグダラのマリア

『マグダラのマリアによる福音書』(カレン・L・キング) 最近、手に入れた古書ですが、”善い念”込みでしたよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、ハウツーものとか時事問題についての本が多いですかね、面倒な念は。

また、最近は、老眼も進んできた関係もありまして(笑)、文庫本ではなく、ハードカバーで読みたいという気持ちが強くてですね、

「読みやすい」ということ以外に、「読書という時間をなるべくリッチに味わいたい」という意識からそうしている面があります。

本当に若いうちに、お金があまりないときは文庫本でも良いと思いますが、繰り返して読むような本は、やはり、ハードカバーで持っておくといいですよ。

そして、繰り返して読みながら、10年前の自分の「念」と対決するのも、またワクワクするところであります。笑

「お、そう来ますか?」みたいな楽しみがありますね。笑

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください