「永遠」アルチュール・ランボー

 

 また見つかった、
 何が、永遠が、
 海と溶け合う太陽が。

アルチュール・ランボー
「永遠」『地獄の一季節』より(訳:小林秀雄)

***

ベタですが、やっぱりこの詩はぐっときます。
フランス語がわかればもっと味わい深いんでしょうね。

la mer (女性名詞の”海”)
le soleil.(男性名詞の”太陽”)

の番いということで。

***

マーラーのアダージェット(交響曲第5番第4楽章)は
映画『ヴェニスに死す」(美少年への恋!)で使われて有名ですし、
マーラーの妻であるアルマへのラブレターという解釈もあり、
おもに恋愛的にとらえられることが多いのでしょう。

でも。

個人的には、恋愛よりもっと大きな包み込むような愛を感じます。
そして、この曲を聴くたびに、ランボーの「永遠」を思い出すのです。

もし、ソウルメイト(魂のかたわれ)というものが存在するなら。
こんな風に海に溶け込む太陽を見ながら、ふたりでアダージェットを聴いてる
イメージがあります。

***

僕が若かりし頃、80年代では、クラシックで「カラヤンが好き!」って
言うと、「お前はクラシックが分かってない!こらっ!」的な?
雰囲気があったことをなつかしく思い出します。

でもやっぱり、カラヤンは偉大だなあ、と確信できたのは、
この「アダージェット」を聴いてからです。極美。

マーラー指揮者としては、バーンスタインとか有名ですが、
バーンスタインのアダージェットは繊細でありつつも、
「楽器が鳴っている」ということを感じさせてしまう
(まあ、それがいいのだ、って見方もあるでしょう)。

対して、カラヤン+ベルリンフィルの演奏は、楽器が奏でているのを
忘れさせてしまう、純粋な波動の音楽って感じです。

***

僕が不労所得好きなのは、マーラーのシンフォニーを3人の指揮者で
聴き比べて徹夜してしまう、というおそろしく無駄な時間をゲットできる
からかも、と思うときがあります。

マーラーのシンフォニーは1曲聴くのに、約1時間半かかりますからね。
3回聴けば、5時間近くかかってしまう。笑

本当は、「効率、レバレッジ、株価収益率」なんかより、
「無駄で、ひたすら美しい」
ことが好きです。

***

また見付かつた。
何がだ? 永遠。
去(い)つてしまつた海のことさあ
太陽もろとも去(い)つてしまつた。

 中原中也の訳も味わい深し。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください