ボディブロー的時間を確保する重要性ー生活・仕事編

今回は、「忙しくてお金がない」から「暇なのにお金がある」
状態に持ってくるには?にも関わってくるテーマです。

*前回の記事、
「ボディブロー的時間を確保する重要性ー発想編」はコチラ

『七つの習慣』(スティーブン・コヴィー著)の第3の習慣
「重要事項を優先する」を引用しています。

内容的には、図の第二領域、すなわち、
「緊急ではないが、重要なことを優先する」ということですね。

juuyoujiko

逆に、第二領域以外のことについて考えてみます。

***

まず、第一領域、「緊急であり重要度も高い」です。

これは、急ぎの仕事の依頼への対応、急な電話、
宅急便のピンポン、などなどでしょうか。

ココはかなり生活とか仕事に関わってきますね。
だからこそ、重要度が高いのですが。

ココを改善するには、やはり「仕組み化」「断る勇気」
この2点だと思います。

第一領域は一挙に減らすことはできませんが、
仕事を極力、「他人に任せる」「仕組み化する」
という第二領域の努力を続けることによって、
少しずつ減らしていくことができます

僕個人としては、仕組み化がほぼ完成しているので、
「客先が倒産の危機でキャッシュが入ってこない!」
「親が倒れた」くらいのレベル以外では、
すべてチャットワークで連絡するように指示しています。

ちなみに、女房ともチャットワークで会話しています。笑

なので、急な仕事っていうのはまずありえません。

それから、「急な電話」について。

これは、「僕は絶対に電話にはでない」と周知徹底しています。
待ち合わせなどでとくに必要な時はまあ例外ですが。

家業のお客にも、それを徹底しているので、
僕のスマホは電話の音が鳴ることはありません。

鳴っても出ませんけどね。笑

宅急便のピンポンは、僕以外のひとが対応するように
お願いしています。

僕しか家にいない場合は、「呼び出しても誰も出ない場合は、
◯◯へ保管しておいてください」という張り紙を玄関に貼ってあるので、
やっぱり出ません。

もう、執念ですな。笑

***

第三領域、「緊急度は高いが重要度は低い」。

無駄な会議への出席とか、ウォーターサーバーの水が切れたとか、
義理のおつきあい・お酒とか、ですかね。

会議はスカイプで月1回だけ、と決めています。

ウォーターサーバーは、1ヶ月必要分を計測して
ほぼピッタリ間に合うように、予約注文しています。

義理の付き合い・・・ぜんぶ断ります。

飲みに行ったとしても、
僕は得意先の社長にもお酒を注ぎません。

「お酒注ぐの嫌いなんですー」と、これも徹底しているからです。
(ただし、可愛げをもって徹底する)

おかげで、得意先の社長の方からお酒を注いでくれます。笑

***

第四領域、「緊急でもないし、重要でもない」。

ここはね、第一領域と第三領域で疲れちゃうから、
無駄な時間を使っちゃうんですね。

ストレス解消をやってしまう。

あとは、無駄なLINEのやりとりに依存してしまう、
なんかもそうですね。

経済的・精神的に自立していないとどうしても
依存やストレス解消が始まってしまいます。

ので、結論としては、やはり
「1日の一定の時間をあらかじめ天引きして、
第二領域の時間を確保する」

ということになります

絶対に、僕は(私は)第二領域以外は認めん!
という執念かな。

まあ、「美しくて無駄なもの」が好きな僕としては、
それが第四領域に入るのかもしれませんが、
ストレス解消ではなく、本当に好きでやっているので、
それは良いのです。

付記しておくと、生活での動線も一度考え直したほうがいいですね。

冷蔵庫への向かい方、設置場所。
パソコンのケーブルがごちゃごちゃになって
(でもなんかそれに慣れてしまって)
無意識的ストレスになっていないか。

だったら、さっさとケーブルをまとめるグッズを
買っておこう、とか。手を打っとく。

***

という工夫を数年続けていくと、物質界にいながらにして、
精神界に住んでいるのとほぼ同じ生活になりますね。

1年でも半年でも続けていると、少しずつすこしずつ
改善していくのが実感できると思いますよー。

これも、ボディブロー。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください