ボードゲーム理論

人生はボードゲームみたいなものだ、
別サイトで以前に書いたことがあります。

ボードゲームであるならば、そこはあくまで遊び場であり、
本来の生活場所ではありません。

いずれは、ゲームを離れて、家に帰ることになるわけです。

ただ、ボードゲームに夢中になっていると、本来の自分の居場所を忘れてしまい、
「ボードゲームの世界がすべて」という錯覚が生まれてきます。

たとえば、ボードゲーム上で、
「いくら儲かった」「稼いだ」
「出世した=駒をすすめた」「目立った」
「緑のアパートと赤いホテルを手に入れた」
「美人と結婚できた(?)」
ということがあります。

でも、

それらのものは、
家に帰るときにすべて置いていかなければいけないんです。

お金もホテルも、ゲームのおもちゃなんでね。

そのことが分からずに、
「偉くなった」「成功した」
と自惚れることが、とても危険なんですね。

なんとなれば、その「自惚れた心」は、
家に持って帰ることができちゃうからです。

あるいは、
「人を騙しても金銭的・名声的に成功すればよい」
という心も家に持って帰ることになります。

ココがポイント。

つまり、「家に持って帰れるものは何か」
という視点で考えなければいけない。

その持って帰れるもののがどういうものであったか、
その質と量が本来の意味での判定ポイント(成功か失敗か)になってくるんです

良い意味では、
ボードゲームで学んだスキルは持って帰ることができますね。

「緑のアパートと赤いホテルを買うと、定期収入を手に入れることができる。
そのために、まずは浪費を我慢して、貯蓄をすることが大事なんだ」
とか、
資産形成の極意を学んで持って帰ることができます。
学びは持って帰れる。

緑のアパートと赤いホテル自体は持って帰れないですけどね。
くどいですけど、おもちゃなんで。

ゆえに、ボードゲーム上だけのことで「成功した」「失敗した」
というのはあくまでお遊びの判定であり、
本当の判定は、何を家に持って帰ることができたか、
というところにあります。

これはもうお分かりだと思いますが、
僕らが今住んでいる物質界(マテリアル・ワールド)がボードゲーム、
そして帰るべき家が精神界(スピリチュアル・ワールド)のことなんです。

物質界で「成功した」と思っていても、
精神界(こちらが実はリアルワールド)に還ってみたら、
実は真っ逆さまだったってことがあり得るわけです

この意味で、僕が見る限り、
たとえばネットビジネスであれ、情報発信であれ、
そこで「成功した」と自他共に認める人の中にも、
かなり危うい状態になっているケースがあります。

それは、家(=精神界)に持って帰るものが、本人の心しかないからです。

さきに書いた、「奢り」とか「騙し」。
それらを持って帰ってしまったら、
それが精神界での判定基準=成績表になってしまうからです。

こちらのほうが本来の成功論です。

ゆえに、僕らはあくまで、
帰るべき家(=精神界)の基準で考えなければいけない。

できるならば、ボードゲームをやっている最中にも、
ときおり、そのことを思い出したほうがいい。

そうしないと、持って帰ることができないものに執着し、
価値を見出し、逆に、持って帰るべきものに鈍感になってしまうからです。

「そんな、ボードゲームだなんて!」
と思う人もいらっしゃるかもしれません。

現に手に触れ、目に見えるものですからね。

でも。

こういうことは、スピリチュアルワールドを体感し、
あるいは信じている人間から見れば、ごくごく当たり前のことなんです。

ほんとに、「家から歩いて700m先にセブンイレブンがあるのよ」
くらいに当たり前のこと。

これを信じられるかどうかは、ひとつの賭けになります。

「自宅か賃貸か」、どちらにしても投資になってしまう、
という資産形成の理論がありますが、それと同じで。

信じようと信じまいと、それは賭けになってしまい、
結果的に賭けに外れた場合、大きな代償を払うことがあり得る
ということですね。

さて、あなたが(僕が)いま家に帰るとして、
持って帰るものは何になるんでしょうか?

現時点ではどうでしょう?

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください