浮気や不倫をしたら地獄へ堕ちるのか?

浮気

地獄へ堕ちるかどうかは、ケースバイケース

どうしても性の問題で罪の意識に悩まされる、あるいは、傷つけられて悩んでいる方も多いと思いますので、
このトピックで書いてみます。

スピリチュアル的観点から、浮気や不倫をすると地獄に堕ちるのか?

結論から言うと、「ケースバイケースである」ということになります。

「高次元世界からわざわざ現実世界へ生まれてくるのは、ボードゲームをしているようなもの」という例えをよく使っていますが、

現実世界はあくまで、新しい知識・経験をゲットするために他人の家にゲームしにきているようなものなんですね。

帰宅後(つまり”死んだ”あと)、還るところが本来の世界である高次元世界なのです。

そして、高次元世界へ持っていけるものは、”心”しかない、家も財産も車も肩書きも持っていけない。

心の内容がすべて、ということになります。

たとえば、ここに邪淫戒(じゃいんかい=姦淫をしないという戒め)を守っている修行僧がいるとします。

この修行僧は配偶者以外の異性に触れたこともない。だけど、異性への欲望で毎日、悶々としている、と。

「戒律を守ってるんだから、当然、俺は極楽浄土!」と思っていることでしょうが…。

残念ながら、”こころが全て”なので、性欲に取り憑かれたこころを持って帰れば、これはやっぱり難しいものがある、ということになります。

一方、むかしの王様のように、後宮の女性たちをたくさん愛したもうたと。

でも、こころは特に執われはなく、政務に専念し、政治は立派。また、後宮の女性たちも幸せでした、という場合。

これは、逆に、天国的な心境、ということになります。

要は、行為そのものが罪になるということではないんです。

心がすべてであるならば、やはり心の状態がどうであるか、が問題になるということですね。

イエス・キリストが「心のなかで思っただけで、姦淫の罪になる」と語ったのは、まさにこのことです。

高次元世界での判定ポイントは何か?

性の問題で、高次元世界でどのように判定されるか、は2つのポイントがあります。

  1. 心が異性に執われて、精神性の向上がおろそかになった
  2. 関係者の心を傷つけた

この2つです。

行為そのものは善でも悪でもない、ということですね。

心の執われと、周囲の人間を傷つけたか、この2点が問題になると。

ただ、じゃあバレなきゃいいのか?って問題もありますが。

高次元世界に還れば、お互いの心はガラス張りのように分かってしまうので、その時点でバレてしまいます

まあ、死んで数十年後にバレる分にはいいやーって、開き直りもあるかもしれませんけどね。笑

また、配偶者と同じ霊域に還るとは限らない、という視点もあります。
*高次元世界=あの世は階層世界になっている

イスラム社会では一夫多妻が条件付きで認められています。

キリスト教社会からみれば、悪魔の教えに見えるかもしれませんが、実際はそんなことはなくって。

中東という地域はむかしから戦争が多いので、旦那さんを戦争で失って寡婦になる女性が多かったのですね。

そうすると経済的な自立が難しくなりますので、一夫多妻を認めることにより、救済措置をとっているわけです。

つまり、社会保障的な意味合いもあるんですね。

真理は地域・時代の特性に合うように説かれる、というのはこういうことです。

ゆえに、僕らの社会に話しを戻しますと。

行為自体は善でも悪でもない。

が、性的なことがらに夢中になりすぎて、精神性を忘れてしまうとか、

あるいは、配偶者・子どもなど、周囲の人の心を傷つけてしまった場合は、やはり魂的にマイナスポイントが入るということになります。

特に、ひとは”愛情を裏切られた”ということには相当なダメージを受けますので、それ相応のマイナスポイントが入ります。

ただまあ、人は誰しも罪なくして生きることはできませんので。

マイナスポイントを作ったら、関係者に謝罪し、一応の内省をすると。
直接、謝罪できないのであれば、そうした念を送るだけでもベターです。

そのあとは、あまり罪に執われ過ぎるのも、これも後ろ向きすぎるかな、と思います、個人的には。

むしろ、それを上回るプラスポイントを積み上げることを考えたほうが生産的でいいですね。

ここは会計の考えと一緒で、

負債があっても、それを上回る資産を積み重ねていけば、純資産としてはプラスになるわけです。

資産(善なる思い・行為)− 負債(悪なる思い・行為)=純資産

なので、純資産プラス=天国

ということになりますね。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です