心=あなた、という公式が真実であるならば、

色受想行識

真理を伝える行動は物理学的な法則に則ってカウントされる

前回まで5回に渡って、「生まれてくる意味と目的って何だろう?」という記事をアップしました。

ある意味、「これだけは押さえておきましょう!」という大事な記事なので、サイトトップのPICK UP!コーナーに上げておきました。

まだ読んでいない方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、王道スピリチュアルを他人様に伝えて、功徳を積んでみたい!という方は、この記事の順序でお伝えすると、分かりやすいかと思います。

実際は、「ネオ仏法の記事をプリントアウトして知り合いに配っている」という方もいらっしゃいます。

「自分でしゃべるのはまだちょっと…」という方は、そういうやり方でも良いと思います。「こんな考え方があるみたいなので、ちょっと読んでみてー」みたいな感じですね。

何度か申し上げていますが、こうした魂に関わる真実を伝える行動は、この世では金銭には換算されることがないかもしれませんが、

実際の、実在世界から見た「仕事量」は、この世の普通の仕事は計り知れないくらいの差があります。

こうした仕事(質×量)は物理学的な法則に則っていますので、1ミリたりとも過つことなくカウントされています。

自分の価値を上げるには、「心の内容」を上げていく以外にない

さて、

結局、人間の本質が、「アイデンティティのあるエネルギー存在」であるとするならば、

自己の価値を本当の意味で上げていくためには、まさしく、「アイデンティティのあるエネルギー部分」を高めていくことしか方法はない、ということになります。

そして、では、「アイデンティティのあるエネルギー部分ってどこ??」という問いに対しては、要は、「心だけ」という答えになります。

これはすごくシンプルかつ大事な話なんですが、、

この世で生きているうちに得た物質的なものは、すべて実在界(あの世)に持って帰ることはできないんですよ。

財産も肩書も地位も、ある意味、美貌もそうです。

ところが、普通の人は、持って帰れないものにこだわって一生を過ごし、反対に、持って帰れるもの=心に無頓着に生きているわけです。

「そんなことないよー」と言われるかもしれませんが、

では、今日一日、思ったこと・考えたこと、をどれだけ意識できていますか?

行動面はとりあえず置いておいて、まあ、「心の内容」ですね。

「今日一日、どういうことを思って、どういうことを考えていたか、どういう感情になっていたか?」

ほとんどの人が心の内容を振り返ることなく、ただ、仕事や友人関係に「反応」するだけで、1日を過ごしています。

反応は、英語で、Response(レスポンス)と言いますが、「反応するだけ」では、文字どおりの、Responsible(レスポンシブル)=責任を持っている、ということにならないわけです。

  • 心=本体
  • 肉体=乗り物

という公式が成り立ちますけど、

毎日のように、身体はお風呂に入っているのに、心を振り返らない、すなわち、内観をしないで毎日を過ごすというのは、これは、「乗り物だけ洗っている」という状態で、

「愛車は毎日、せっせと洗車しているのに、自分自身は1ヶ月お風呂に入ってないや」というのと、本質的には同じことなんです。

まずは、「心を意識してみる」、という練習

そういうわけで、まず大事になるのは、心を意識してみること、ということになります。

般若心経の冒頭付近で、

照見五蘊皆空(しょうけんごうんかいくう)

とありますが、

五蘊(ごうん)というのは、仏教書を読むと、「色・受・想・行・識」(しき・じゅ・そう・ぎょう・しき)と書かれています。

そして、さらにそれぞれの意味は、

  • 色…肉体
  • 受…感受作用
  • 想…表象作用
  • 行…意思作用
  • 識…認識作用

などと解説されていて、この時点で「わ。面倒くさくて、関係ないわ」と思いがちですが、、

この五蘊が、「ほんとうにそうなってるの??その順序なの??」と、ちょっと自分を使って実験してみると良いです。

ちなみに、

  • 色=肉体
  • 受・想・行・識=心

とざっくり分けると、まず分かりやすくなります。

たとえば、朝、雀の声が聞こえたとします。

これはまず、「色」(=肉体)の耳の部分ですね、これがあるから聞き取ることが出来たと。

そして、

鳥の声が耳に入ってきて、「心地よいな」というふうに感受します。これが「」ですね。

次に、なんの鳥だろう?とか、想像を始めます(というか、一瞬の間だったりしますが)。これが「」ですね。

さらに、「もうちょっと聞いてみよう」とか、「窓を開けてみようか」とかの、意思が生じます。これが、「」です。

そして、

雀の声から、いろいろ連想してみたり、「やっぱり自然はいい」とか、、

外の雀の声から、次第に、自分のなかの「観念」そのものに意識が行きます。

これが。「」ですね。

まあ実際は、「色→受→想→行→識」と、ゆっくりと経過するわけではなく、この5つの連なりが一瞬で起こったりしますので、ほとんど意識することはありません。

ただ、上述したように、

「どのような順序で、心の内容が生起しているのか?」と確かめてみることも、「心を意識してみる」という練習になります。

今、流行りのマインドフルネスなどは、こうしたことを丁寧にやるわけですね。

「聞こえている…聞こえている…」と言語化して念じたりします。

「サティを入れる」とか解説されていますが、サティ=念、ですね。

僕は必ずしも、マインドフルネスが万能であるとは思っていませんが、とりあえずは、「こころを意識してみる」という意味でも有効な方法だと思います。

*マインドフルネスの書籍はずいぶん多く出版されていますし、ネオ仏法的にどうか?ということで、「マインドフルネスの効用と限界、あるいは問題点」はまたいつか別トピックで書いてみます。

まとめ

とりあえず、今日の内容としては、

  1. 現象界(この世)と実在界(あの世)で一貫して「自分」と言えるのは、「心だけ」
  2. ゆえに、「心を高める」しか、自分の価値を高める道はない
  3. そのためには、まず、「心を意識してみる」ことが大事
  4. むずかしい仏教用語も、自分に当てはめて検証してみると、心の意識化の練習になる(そして、仏教用語も覚えられる・笑)

ということでした。

無料Eブック特典【潜在意識(守護霊)と交流して、 インスピレーションを受ける方法】

私たちは地上に肉体を持って生きている部分だけではなく、潜在意識に自らのグループソウルのメンバーがいます。 それを古来より、”守護霊”と呼んでいます。

この無料プレゼントを読むことによって、潜在意識にアクセスして、守護霊からのインスピレーションを受け取る方法を知ることができます。完全無料ですので、ぜひこの機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください